MENU

脱毛器を買いたいとは思っていても、本当に効き目があるのか心が落ち着かない人もいるのではないでしょうか。効力があるのかどうかは、購入する脱毛機器ごとにちがいます。

 

すごく安い脱毛器は効果を実感できないこともよくあります。

 

買う前に、本当にその脱毛器の使用経験があるという方の評価を参考にしてみるのも良い策といえるでしょう。生理中でも行くことができるかどうかは脱毛サロンのホームページを調べれば確認できることと思います。ただし、生理中のホルモンバランスは乱れていて、肌のほうはすごく敏感となっているのです。肌を気にかけるのであれば、生理中に通える脱毛サロンであっても、なるべくなら辞めた方がいいです。
生理期間が終わってからの方が安心して脱毛を行なえます。ニードル法で脱毛を行なうと、細いニードルを毛根内に直接差し込んで電流を流すために、施術のすぐ後は赤みのある跡が残る事も少なくありません。しかし、施術後に脱毛箇所を充分に冷やしておくと翌日にはすっかり跡が無くなっている事がほとんどということなので心配ありません。脱毛サロンを利用して脇の脱毛をしたら発汗量が増えたという声をしばしば聞きますね。脇の毛が無くなることによって脇の汗が流れやすくなって、そのような感じがするだけみたいですよ。
度を超して気にするのも良いことではありませんし、こまめに汗を取って清潔を心がければよいでしょう。毛が濃い人は低性能の脱毛器を使っても、効果があったと思えない人が多いのが実態でしょう。

 

ところが、エステサロンで使っているような、フラッシュ式の脱毛器を使用すれば毛が多い肌でもしっかりと効果が得られます。脱毛器はイロイロな機種が出回っているので、自分の肌や毛の状態を観察して適切なものをじっくり選びましょう。

 

 

 

光脱毛を初めて、すぐに効き目がなかった場合、ガッカリと思うこともあるかもしれません。けれども、効果が実感できるまでに数回はかかるみたいです。

 

 

スタッフからきちんと説明をうけて、続けてケアをすると目指していたような効果が得られる可能性が高いと思います。
結果が出ないのでは?と焦らず、納得できるまで、おみせの人に説明してもらって下さい。

 

光脱毛は従来の脱毛法とくらべ、痛みが少なく、肌への負担が軽い脱毛方法として高く評価されています。

 

 

ただ、肌質は人によってちがいます。

 

 

敏感肌の人は光脱毛をするとやけどしたような症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が出る場合もあります。
それに、日焼けした後に光脱毛の処置をうけると、やけど症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が起こりやすいので、注意が必要です。

 

 

>>脱毛サロンは汚い? 清潔? 衛生面を解説します☆へ戻る